2023年12月の記事は見つかりませんでした。

投稿画像

続きを読む

 コンビニ店員の活躍で振り込め詐欺を未然に防いだというニュースをこの頃よく聞きます。人間関係が希薄になっている中で、コンビニが社会インフラとして重要な機能を果たしていることを再認識しました。  それにしても巧妙化しているとはいえ、あんな詐欺にどうしてたくさんの人が引っかかるのでしょう?  これに対する一つの答えは人間は本来誘導されやすい生き物だということだそうです。  危険がいっぱいの自然界で集団...

投稿画像

続きを読む

 1歳の誕生日を迎えたころの人間の子どもの成長段階は他の哺乳類の生まれた直後に相当します。出産直後によろよろと立ち上がる動物の子どもの姿は感動的ですが人間にはどうあがいても不可能です。人間以外の哺乳類は母親の羊水のなかで生きていくために必要な機能のほとんどを獲得して誕生します。  人間だけがその後1年もかけてやっと他の動物の誕生直後まで成長しますがそれで終わりではありません。はいはいをして、つかまり...

投稿画像

続きを読む

子どもの言葉

今日はキリンルーム(預かり保育)の最終日です。今日のキリンルームをご利用のお客様は15名です。(少な) 働いているお母さんが増えて幼稚園でも預かり保育の利用者が増えるかと思いきや、逆に減っています。何故なんでしょう?  万全の態勢を組んでお待ち申し上げておりましたのに肩すかしでしたね。  閑話休題(それはさておき)  年賀状も書いて、行うべき仕事も(多分)終えて、暇なので今日もブログをアップします。...

投稿画像

続きを読む

 年長さんくらいになるとサンタさんの存在を疑っている子が結構います。楽しいおもちゃをお願いしたはずなのに欲しくもないお勉強セットが置かれてたりして、親の意図が見え隠れする。何かおかしい。  ゲームの袋がヨドバシだったりする。いよいよおかしい。時々親にかまをかけたりするとどうもしどろもどろだ。そんなこんなを経て現実を直視することになりますが、中には小学校の高学年になっても信じている子もいます。  疑...

投稿画像

続きを読む

 プレゼントを持って、今日もサンタさんがやってきました。「もう飽きた」と言いたいところですがサンタさんは何回来てもウエルカムです。 先生たちによるクオリティーの高いミュージカルです。演目はご存知赤鼻のトナカイです。 良い子のところにプレゼントを届けに来てくれました。めでたしめでたし。 なお私は悪い子だったのかクリスマスのプレゼントをもらったことがありません。私だけではなくて近所の子も貰ってなかった...

投稿画像

続きを読む

 土曜日はクリスマス発表会でした。参加要件を大幅に緩和したので入れ代わり立ち代わりたくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございます。子どもたちも励みになりました。ゆめゆめ間違ってはいけないのは見てもらうことは目的ではありません。でも見てもらうことでそれを励みにして子どもたちが頑張ることも事実です。結果に至る過程にも思いを巡らせていただければありがたく思います。 さて今日は英語の先生がサンタ...

投稿画像

続きを読む

 伊丹飛行場の進入ルート上にあるので当園の上をたくさんの飛行機が飛び交います。 この飛行機はまだ高いところを飛んでいますが時間によると3階建ての園舎の屋根すれすれを飛びます。(ウソです) でも本当に大きくくっきりと見えます。かつての飛行機は本当にうるさくて飛行機が飛んでいると先生の声がまったく聞こえませんでしたが今はそうでもありません。技術の進歩で色々なものが静かになって、都会の中でも騒音はあまり...

投稿画像

続きを読む

 いよいよ明後日はクリスマス発表会です。今回は人数制限のリミッターを外しましたので皆さんこぞってお越しくださいと言いたいところですが、あんまり来られても困るなと戦々恐々です。(くわばらくわばら) 各学年、合奏や鍵盤ハーモニカ、お歌の練習に余念がないところです。もうだいぶ出来上がっていますので張り切りすぎて怪獣さんのお声(聞いたことはないですけど)にならないように、きれいなお声で楽しく歌うように先生...

投稿画像

続きを読む

 2022年に行われたPISA学習到達度調査(15歳が対象)によると、日本は前回の15位から一気に順位を伸ばして3位になったそうです。教育の質の低下が大きな問題になっている日本において意外にというと語弊がありますが、日本の先生たちが頑張っていることが見て取れます。 順位上昇の原因の一つは日本でもタブレット学習が浸透してきたこと(PISAの調査はすでに2015年からタブレットによる回答形式になっています)、PISAの調査形...

投稿画像

続きを読む

有終の美

 人生の最後などに称賛されるような優れた業績を残すことをいいます。「有終の美を飾る」などといいます。これと反対の言葉が「晩節を汚す」です。 世の中には晩節を汚した人はいくらでもいますが、有終の美を飾った人はとても少ないです。特に最近はこれでもかというくらい情けないことが多いですね。 だから教育がとても大事なのですが、その教育界も心もとない。すでに地に落ちた観すらあります。老人が多いということはこう...